string(12) "解決事例"

解決事例

解決事例2:被相続人名義の預金につき、訴訟手続きにて払い戻しを受けた事例

解決事例

■解決事例2

被相続人名義の預金につき、訴訟手続きにて払い戻しを受けた事例

■ご相談の内容

被相続人の法定相続人は4人であり、それぞれ4分の1の法定相続分を有していたところ、依頼者は法定相続人のうち2人であり、依頼者を除く2人については居所も連絡先も分からず連絡も取れない状態でした。
被相続人は、死亡時に約700万円の預金を有していることが判明していましたが、金融機関は、法定相続人全員の署名押印がない限り払い戻しできないとの一点張りだったため法定相続人のうち2人が来所されました。

■解決方法

当事務所において、金融機関に対し判例を示した上で交渉をしましたが、法定相続人全員の署名押印がない限り払い戻しできないとの態度は変わらなかったため、速やかに訴訟提起して迅速に解決を図りました。